コロナウイルスで就活生は大ピンチ!でも不景気に強い業界を教えます!!

こんにちは、コロナイウルスのおかげで一番影響を受けているのは実は、就活生の皆さんではないかと最近思うようになりました。

この大事な時期に十分な活動が出来なかったり、本来なら採用数がもっとたくさんあったのに減ってしまって、結果的に内定に至らなかったりと、今後の人生に影響しかねない重大な状況が続いています。

製造業をはじめとした各企業は、部品が入ってこず工場を一時的に停止したり、あるいはお客さんからの注文が減って、今まで10年くらいは絶好調の景気が続いていたのに急に、赤字になってしまうところもたくさん出てくる勢いです。

そんな情勢の時は、過去の経験則から企業は採用数を大幅に減らします。

例えば、就活サイトなどで採用予定人数150名などと表示されていたにもかかわらず、ふたを開けてみると半分の70名しか採用しなかったなど、えぇっ!?と言いたくなるような、現象が多々見られるようになります。

場合によっては、内定取り消しなどを行う企業も複数あります。

卒業をまじかに控えて内定取り消しをされると、そこからもう一回就活をやり直すこととなり、卒業までに内定が出ないと就職できなくなってしまいます。

多くの業種で採用数を大幅に減らす中で、逆に人数を増やすげんきな業種はあるのでしょうか?

答えは、あります。

それはどの業態かというと「派遣」です。派遣であれば製造業や販売業などジャンルを問わずに、不景気の時ほど採用が活性化する傾向になります。

それはなぜでしょうか?

それは、一言で申し上げると「需要」が一気に増えるからです。

例えば、不景気で正社員を採用できなくなった会社が派遣さんを求めたり、あるいは100人採用する予定のところを50名にして、あと20名は派遣会社からの派遣さんで補って、しばらく様子を見たりなど派遣会社への問い合わせが急激に増えるものです。

ですから派遣会社はそれを見越して景気の悪くなる時こそ、募集を増やすのです。まさに不景気でも強い業界と言えます。

登録型派遣でも正社員型派遣でも、まったく一緒です。

就活生の皆さんが、派遣という道を選ぶのは各人の価値観によりそれぞれなので自分が行きたいと思えば、行くのがよろしいかと思います。

ですが個人的には、先日の記事「技術系派遣はアリか!?実際派遣先でどんなことをするの?メリット・デメリットを紹介!」で述べたように、リスクとメリットの釣り合いが取れていないためお勧めできません。

ただし個人的な考えですので、私の会社に来ている派遣さんの中には、自分の生活スタイルに合っていると言って、充実した派遣ライフを送っている方もいます。

いずれにしても今後の人生に大きく影響することなのでよく考えて行動することが大事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です