就活が「つらい」、あなたに今必要なもの

3月に入り就活が本格スタートしました。しかし今年は、コロナウイルスや昨年からの米中貿易摩擦で景気が落ちこんだため、例年通りには順調にいかなくなっています。

そんな環境の中で就活を進めるみなさんには、就活がつらくて大変だ、とかもうやめたい、などと思っている方も多いのではないかと思います。

そう感じてしまうのも無理はありません、なぜならここ10年は景気が良く、就活生にとっては「売り手市場」だったからです。

皆さんの先輩や、大学の就職センターの職員の方々の話を聞いても、いいはなしばかりが聞こえてきていたのではないでしょうか?

しかしコロナウイルスの影響で急激に景気が悪くなり、就活を進めるにも合同説明会が中止になったり、選考方法が急遽変わったりと、目まぐるしく状況が変わっていっています。

みなさんが直面している問題としては、

①合説などの予定していたイベントがことごとく中止となり、どのように進めていけばいいかわからない。

②景気の悪化で、採用予定数が激減するといわれており、内定が出るか心配だ。

③コロナの影響でウェブ面接が増え、どのように対処したらいいかわからない。カメラに向かって自分の良さをちゃんとPRできるか不安だ。

④SNSなどを見てると周りはうまく行ってるようで、自分だけ取り残されているんじゃないか?

上記①~④のようなことが頭から離れず、胸が張り裂けそうになってしまっているのではないでしょうか?

希望職種を決めろとか言われても実際に仕事したわけじゃないし、特にこれといったものは無いし、ぶっちゃけよくわからない、という方も多いと思います。

私もかつてこんな時がありました。

こんな状況の時はほんと困ってしまいますね。食事ものどを通らなくなってしまいます。

自分には何が足りないのでしょうか?

文章力でしょうか? コミュニケーション力でしょうか? 人柄でしょうか?

私はそんなのは関係ないと考えます。

一番強化したいのは「心の強さ」だと考えます。

書類選考で落とされても、面接でひどいことを言われても「負けないぞ」という反発する気持ちがとても重要です。

現在の環境から抜け出すための、そして憧れているものを手に入れるための強い気持ち・・・「ハングリー精神」がとても重要です。

負けないぞ!自分はやれるんだ!と徹底的に心の中で唱えるクセをつけるとほんとに心が強くなれます。自分の心の弱い部分を、唱えることで強くしていけるんです。

もうダメかも、とか不安になったりとネガティブな感情が沸き起こってきたときに、負けないぞ!自分はやれるんだ!と心の中で、打ち消すように唱えます。

負けない!負けない!負けない!負けないー!

地味ですがとても重要です。2週間くらいで思考を変えることが出来ます。

就活は、どうしても孤独になりがちです。

だから、他人がよく見え、自分の位置や目標を見失ってしまうことが多々あります。

また、ハングリー精神と同じくらい需要なものに、「発想の転換」があります。

「つらいと思ってやるか、楽しいと思ってやるか」の違いです。

ESも面接の練習も、つらいと思ってやるとなかなか進みません。

皆さんは今までの学生人生から、もう一歩先へ踏み出す重要な時期にいます。

泣いても笑ってもこの一年という限られた間だけです。

マイナス思考を持ったまま進めると大変です。

だったら「笑って」一年進めたほうが、強いしっかりした気持ちも持てますし、何よりきっといい結果を勝ち取れるはずです!

就活は「精神力」です!頑張りましょう!