エンジニアのマスク格付け 三次元マスク(KOWA:興和)

三次元マスク(興和株式会社:コーワ)評価

①知名度・・・★★★★☆ 4点

興和は東京都中央区に本社を置く総合メーカーです。

なじみのない人もいるかもしれませんが、ファッション雑貨から、船舶まで非常に幅広い分野の製品を手掛けており、従業員は6,700名以上います。

もちろんマスクに関してもコロナ前から販売しています。

・・・・・

②品質・性能評価・・・★★★★★ 5点

興和のマスクは、ウイルス試験(VFE)・微粒子試験(PFE)・バクテリア試験(BFE)という3種類の試験を行い、ウイルス・かぜ花粉・PM2.5を99%カットと認定されています。

もちろん全国マスク工業会会員マークを取得しています。

特筆すべきはその構造で、普通のマスクが3層構造なのに対して、3次元マスクは何と5層構造となっています。

2枚余分に入っているわけですが、1枚は銀系抗菌フィルターで、もう一枚はウイルスを収集するフィルターがダブルになっているものです。

つくりは、有名な他メーカーと同様に非常に丁寧なつくりで、好感が持てます。

丁寧なつくりで好感が持てます

耳ひもももちろん、きつくなりにくいように太めのものが使われています。

内側とプリント済み

バラシて見たところ、本当に5枚の不織布からできていました。

驚愕の5層構造!

抗菌フィルターやダブル収集フィルターなど、ぜいたくなつくりとなっています。

ノーズフィッターに関しては、すべて樹脂製のものが使われていて、ぱっと見はロハスウルスマスクと全く同じように見えます。

指で曲げてみたところ、戻ることもなく柔軟に曲がってくれたので、ロハスと違って、鼻のところにスキマはできません。

曲げても戻りません

また、3次元の立体構造になっているので、口元に余裕があるのもいいところです。

・・・・・

③フィット感・付け心地・・・★★★★☆ 3.5点

肌触りは非常に滑らかで、ふわっと軽いつけ心地です。

3次元構造で口元がゆったりしているため、つけてるのを忘れるほどの快適さです。

しかし、5層構造となっているためさすがにムレやすく、正直暑いと感じてしまう場面もありました。

まあ、それだけウイルスをブロック出来てるということなのでしょうが、ふわっとしたつけ心地と、暑さが合わさってまるで毛布を付けてるような感覚です。

冬なら最高なのは間違いないです。

・・・・・

④値段・・・★★★☆☆ 3点

コンビニで買いましたが、5枚入りで300円程度と高性能なマスクとしてはコストパフォーマンスはずまずといったところです。

アイリスオーヤマはこの価格帯で7枚入りですので、お店に直接並んでいるとどちらを買おうか正直まようところです。

・・・・・

⑤総合評価・・・★★★★☆ 4点

柔らかな肌触り、優しいつけ心地、丁寧なつくり、と高級マスクの王道を行く品質に好感が持てます。

また日本製で、5層構造となっておりこだわりもとても高いものになっています。

冬なら最高なのでしょうが、やはり5層構造はムレやすく今の時期には、階段を上るときなどきつさを感じてしまいます。

一方、混みあった電車通勤などでは、抜群の信頼性と安心感で防御してくれること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です