エンジニアのマスク格付け フィッティ シルキータッチモア

フィッティFitty シルキータッチモア(タマガワエーザイ:玉川衛材株式会社)評価

①知名度・・・★★★★☆ 4点

玉川衛材は東京都千代田区に本社を置くマスクメーカーです。

TVcmなど流れており、多くの方々にフィッティブランドは知られています。

もちろんコロナ前からマスクの販売をしており、全国マスク工業会会員です。

・・・・・

②品質・性能評価・・・★★★★☆ 4点

シルキータッチモアは、ウイルス試験(VFE)・微粒子試験(PFE)・バクテリア試験(BFE)という3種類の試験を行い、ウイルス・かぜ花粉・PM2.5を99%カットと認定されています。

0.1ミクロンの微粒子も99%カットする実力を持っています。

当然のことながら、全国マスク工業会会員マークも取得しており、信頼性は抜群です。

全体的なつくりもとても丁寧で、Fittyの文字がありますのでこれで裏表の判別が簡単にできるようになっています。

右下にFittyの文字があります

中国製ではありますが、自社の中国工場で生産しているため品質管理は国内と同等と言えるでしょう。

・・・・・

③フィット感・付け心地・・・★★★★☆ 4点

肌触りはふわっと軽く、ロハスウルスマスクほどではありませんが絹のような触り心地で、上質感があります。

長時間つけていても耳がきつくなることもありません。

溶着箇所が他社よりも少なくシンプルなつくり

また、オーソドックスな3層構造とすることでムレ感を最小限に抑えることに成功しています。

バラシて見たところ、真ん中のウイルスを食い止める不織布は十分に分厚いものが使われていて、品質の良さを確認することが出来ました。

ただ、ノーズフィッターは樹脂製のもので、曲げても結構戻ってしまうタイプのため、鼻のところにスキマができやすいのが気になりました。

これについては、BMCフィットマスクやユニ・チャーム超快適、kowaの三次元マスクは、しっかりと曲がりますので一歩譲る点でしょう。

・・・・・

④値段・・・★★★★☆ 4点

コンビニで見かけますが、7枚入りで400円程度で売られており1枚当たり60円ほどになります。

これで個包装のため、コストパフォーマンスは優れていると言えます。

個包装のほうが、持ち運びや人に手渡すときなど気兼ねなくできるので、その点では他の有名メーカーマスクより優れています。

・・・・・

⑤総合評価・・・★★★★☆ 4点

日本メーカーのマスクとしては、ちょっと高級な位置づけの製品です。

ふわっとしたつけ心地は、やはり心地よく肌の弱い方にとってはとても心強い存在と言えるでしょう。

また、全体的なつくりも丁寧なのですが、溶着の個所などが少なく割とシンプルなつくりでもあります。(性能は他社と同等です)

その分、個包装にしたりと同じ価格帯でもうまく付加価値をつけているところに好感が持てます。

少ない溶着箇所でも、顔にちゃんとフィットするように考えられています。

シンプルイズベストという言葉がありますが、まさその言葉が当てはまる製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です