エンジニアのマスク格付け エリエール ハイパーブロックマスク

elleair HYPER BLOCK MASK(大王製紙株式会社)評価

①知名度・・・★★★★★ 5点

大王製紙は本社・本店を愛媛県四国中央市に置く、日本を代表する製紙メーカーです。

なお東京にも本社はありますが、登記上は愛媛県四国中央市になります。

エリエールと言えば、ティッシュやトイレットペーパーで非常に有名で、誰もが知っているブランドです。

ハイパーブロックマスクや、うるごこちマスクをコロナ前から海外協力工場にて生産していましたが、2020年4月末より国内工場においても生産を開始しています。(こちらは日本製になります)

エリエールハイパーブロックマスク うれしい日本製!

・・・・・

②品質・性能評価・・・★★★★☆ 4点

なかなか見かけることのできないマスクでしたが、とあるローソンで見た瞬間に即買いしました。

パッケージを開けた瞬間、え?という衝撃が走りました。

特徴的なのは耳ひもなのですが、普通のゴムひもタイプではなく布みたいなのになってるのは、ユニ・チャーム超快適とそっくりです。

エリエールハイパーブロックマスク
ユニ・チャーム超快適

その他の作りも用心深く観察しましたが、その他は類似点はあまりないようです。

全体的なつくりはとても丁寧です。ダブルプリーツで口元にも十分な余裕があります。

「エリエール」のレトロチックな文字も忠実にプリントされており、こちらがオモテ側になるのですが、そうなると耳ひもの接着部分も外側に来てしまいます。

普通のマスクは耳ひもは2点で留まっているのですが、このハイパーブロックマスクは両サイド全部を使って留めているので、接着部分が長く見た目が良くないです。

安心安全の日本製で、微粒子試験(PFE)とバクテリア試験(BFE)にパスしておりそれぞれ99%カットと表示されています。

しかしながら、どこの試験機関で行われたかは書いてありません。一流企業の製品にしては「?」です。

性能データの出どころはパッケージに表示すべきです。

・・・・・

③フィット感・付け心地・・・★★★★☆ 3.5点

肌触りは超快適のようにシルキーな感じはありませんが、十分やわらかで滑らかです。

安い中国製のようなゴワゴワ感は皆無です。

また、耳ひもはかなり強めでこれは超快適と一緒です。

密着力はハンパなく、包まれ感はやはり超快適と同じくらいあります。

それでいて一日つけていても耳がきつくなることはありませんでした。

バラシて見たところ、オーソドックスな3層構造でしたが、真ん中のウイルスを食い止めるフィルターは超快適よりもかなり分厚いものが使われています。

エリエールハイパーブロックマスク
ユニ・チャーム超快適

「超極細高機能フィルター採用」とうたわれているので、ここが一番の違いなのでしょう、超快適とは透明度が違います。

ノーズフィッターは多くの高級マスクと同様に樹脂のみでできているものですが、曲げても戻ることなく、気になるスキマはできませんでした。

さすが、エリエールブランドです。

・・・・・

④値段・・・★★★★☆ 4点

ローソンでは、7枚入り398円で販売されており、1枚当たり57円と高額な部類に入ります。

一方でユニ・チャーム超快適も袋のものは、一枚当たり約60円とほぼ変わらない値段となっており、イーブンです。

国産でこのブランドネームであれば妥当なところだと言えます。

・・・・・

⑤総合評価・・・★★★★☆ 4点

高性能・高気密ゆえに夏のこの時期だと、やはり「暑い」です。

エアコンのガンガンに効いたオフィスならば問題ないのでしょうが、屋外や電車では要注意です。

一言で言うと、超快適にとても似ているマスクです。

両者は見た目、密着感ともにとても似ておりブラインドテストしたら全く分からないでしょう。

どちらを買っても一緒ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です