就活は戦略!大企業への第一歩は先輩の実績を確認すること!

こんにちは、先日の記事でも少しふれましたが最近の学生は就活もブランド志向
が非常に強く、中小企業のことは見向きもしない人が多いです。
しかし、日本の会社の70パーセントは中小企業といわれています。
ということは初めから7割は捨てているということになります。
これはではさすがにもったいないですね。

大企業に就職したい気持ちは十分わかりますが、かといってハードルの高い大手ばかりを狙っていると、どこからも内定を勝ち取れないという羽目になってしまいます。
就活は頑張りは必要ですが、それ以上に必要になってくるものは「戦略」です。
あなたは、どういった戦略を立てていますか?

私は就活に必要な戦略は「可能性」と「現実性」の把握だと思います。
「可能性」はもちろんあこがれの大企業に挑むことです。
これはとても重要なことだと思います。
一方「現実性」は自分の同級生はどの程度の規模の企業に多く内定をもらって
いるか、もっと言うとあなたの大学の先輩方は毎年どの程度の企業に
就職しているか?ということです。毎年、似たような会社というか何か傾向的な
ものは見つかりませんか?

気の利いた就職センターであれば、卒業生の就職先を業種別や従業員数別・
売上高別などにソートしてグラフにして見える化してくれているところもあります。なぜ私がこんなことをいうかというと、非常に残念なことではあるのですが
企業には、学閥というのがあってあるランク以上の学校からしか採用しない等
暗黙のルール化されてしまっているところも少なくありません。では自分の大学がどのレベルか知りたいですよね?

だから、卒業生の実績を調べるのです。
もう一度言いますが、就活は「戦略」です。
いかに可能性を試すかは重要ですが、それ以上に「負けないこと」がもっと重要です。あなたの先輩方の実績を見て「現実性」がどれくらいのレベルかを把握するのです。
早い段階で一つでも勝ちを取っておくことが安心感につながりさらなる
勝ちにつながります。冷静でいられることが非常に重要になってきます。

「可能性」と「現実性」双方を同時に進めていくのが、負けずに且つ最大の
チャンスを確実にモノにする、一番の近道です。
そんなの分かっているよ、という方もいるかもしれませんが、私が様々な
就活生から話を聞くと「現実性」のほうの相場把握が非常に甘く
同時進行しているつもりが、できていないケースがかなり多く見受けられます。

なんかうまくいってないなぁ、と思う方は、大学の就職センターへもう一度行き
「現実性」の再確認をすることをお勧めします!