技術系派遣はアリか!?実際派遣先でどんなことをするの?メリット・デメリットを紹介!

こんにちは、今日は技術系の各職場に一定数存在する派遣さんの仕事内容や待遇
メリット・デメリットについて解説していきます。就活生の中には、なかなか
希望する大企業へ内定が出ず困っているときに、派遣でもいいかな?なんて考え
が出てくる方もいるでしょう。

先ず派遣の形態について基本的な説明をすると、登録型派遣(非正規)と正社員
型派遣の2種類に分かれます。登録型というのは非正規のため、その立場は非常
に不安定と言えます。早い話が、何らかの原因で派遣先の景気が悪くなったり、
期間満了(3年)しても社員登用してもらえなかった場合、職を失います。
私は、この手の派遣はお勧めできません。

一方で、派遣会社に正社員として雇われそこから、クライアント企業に派遣
される正社員型もあります。この場合、何らかの理由で派遣先を切られた
としても元の派遣会社との雇用関係は継続していますので、次が決まるまで
も最低限の賃金はもらえることになります。(どれくらいの額かは、会社ごと
個別に決められているので一概には言えません)

正社員型派遣のいいところは、以下につきます。
派遣される前に、自社の研修センター等でCADや解析といった
専門的な業務についてみっちりと教え込んでくれるということでしょう。
ですから、手に職がついた状態で派遣されるので比較的レベルの高い人材が
多いように感じます。
また派遣先で期間満了し、次が決まるまでも会社は給料を払わなければ
なりませんから、必死でいい条件の派遣先を探してくるでしょうし、研修も
ほんとにたたき上げというか、しっかりと教え込まれることが多いです。

なお派遣先での仕事は様々ですが、一例を挙げると、設計の部署においては、
中堅の人の下でその会社のやり方を教えてもらった後は、設計補助みたいな
感じで、仕事を頼まれることが多いです。例えばAという製品があったとすると
それをちょっとサイズを大きくしてA’という製品の設計図を描いてほしいとか、
Bという製品が市場からのクレームで改善点が出たので、設計図に対策の
図面変更をかけてもらいたい、などといった感じです。社員の人から、こんな
感じで、とコンセプトを伝えられるのでそれを具体化するわけです。

もちろん、派遣先での評判が良ければ補助的な立場から、正社員と変わらない
仕事を任せてもらえるようになります。
3年たった時に、こいつは使える!と派遣先が考えていれば正社員に引き抜かれ
ることもあります。
このように派遣先での正社員を目指すことに特化した、紹介型派遣などという
のもあります。こちらは、どの程度の会社に何人くらい送り出せているか、
パーセンテージで示してもらうことが肝心です。
50人、有名企業へ正社員として引き抜かれた、といった場合でも分母が
10,000人だったとしたら0.5パーセントでしかありませんからね。
絶対数より割合が大事です!

なお、派遣のメリットは職種が限定されるということです。
設計で働きたい人は「設計職」として派遣されますので、基本設計が
できます。また、広く浅くというよりかは、狭く深く自分の持っている
知識や技能をフルに使うことが多く、ゼネラリストというよりかは
スペシャリストに自分は向いてる、と感じる方には合ってるでしょう。

デメリットは、やはり派遣先での立場は社員に劣るので、年下相手でも
常に敬語を使わなければならなかったり、時には顎で使われたり、
混んでいる食堂では配慮して時間をずらしたりと、何かと気を遣って
る人が私の周囲には多いです。
また、派遣社員から転職活動をして大企業の正社員になれるというのは
至難の業です。一時的に繋ぎで、と考えているならばやめといたほうが
いいでしょう。

私は製造業にかれこれ20年ほど身を置いていますが、経験則からいくと
よっぽどの理由がない限り、自分的には派遣になるのはエスケープしたい
ところです。リスクとメリットの釣り合いが取れていないためです。