就活の髪型はこれで解決!すぐ分かる考え方を伝授!

こんにちは、今日は就活生の悩みの一つである髪型について解説します。髪型
は様々あるがゆえ、企業訪問や面接の場でどのようなヘアスタイルで
臨めばよいかあなたは迷ってしまうことがありますよね。
また自分はそんなに詳しくないとか、お洒落なスタイルにしてみたことが無い、
といった不安を抱いている方も多いかと思います。

しかし心配は無用です、男女問わず共通の考え方があります。また、その一方で
あなたにとって「このヘアスタイルで決まり!」と言及するのは、顔との相性が
ありますので、具体的には差し控えますが、その代わりにどう考え行動して
いったらよいかという指針を説明します。

就活で相手と向き合う場面は、説明会や会社訪問の時と面接時です。
あなたはその時どんな心構えでのぞみますか?自分をなるべくよく見せようと
「見せかけの自分」を作ろうとしますか?
でもよく考えてください、就活はこれからあなたが大学を卒業し、初めて社会の
場に出て、製造業の門をたたくときです。(製造業を例にします)

もっと簡単に言うと、これからその会社の見習いから入り諸先輩方に様々な
仕事を教えてもらおうとお願いをしている立場なのです。
また、面接官は50代以上の役員クラスが多く古い考えの人が未だに多い
ことと、製造業の役員はかなり合理的な思考を持った人が多いのも特徴です。

ですから、お洒落に見せて見栄を張るというよりは、製造業の門をたたくもの
としてシンプルイズベストという方向で、つつましやかな清潔感のある髪型で
向かったほうが役員などの好感を得やすいと考えます。
また、就活生を「学生」としてみるのではなくて、「自社の新入社員」として
みた時にどうか、自社の社員として適切がどうかという見方をされます。

例えば先輩社員や上司と一緒に客先へ行ったときに、当社の新入社員ですと
紹介されるような場面で、どのような髪型であれば、若々しい新入社員に見える
か、あるいは先輩や上司より目立ってしまうような髪型ではないか、そこを意識
するとおのずと見えてくるでしょう。

気を付けたいのは、自分の好みをどううまく見せるかというより
相手のニーズにどうこたえるかということです。