ブログの紹介

このブログでは、これから就職活動を迎える学生諸君(特に理系学生)に、
一部上場企業のメカニカルエンジニアとして勤務する管理人の荘一が、
自身の2度の転職経験も踏まえ、なかなかうまく行かず迷える就職活動について
様々なアドバイスを送っていきます。

就職活動は長い人生の中でも大きなイベント(分岐点)の一つです。
ましてや、今まで義務教育から大学生活までしか経験のない
皆さんにとっては、今までの人生で最大のイベントといっても
差し支えないでしょう。

就職活動の結果で、皆さんの人生が決まってしまう、ということは
ありませんが、少なくともその一部に影響を与えることは間違いありません。
できれば、誰もが無事自分の希望する企業に就職できることを願ってる
はずです。

しかしながら、自分の希望する業種や会社から内定がもらえなく行き詰ったり、
就職してみたものの思い描いていたものと、現実とのギャップが大きく
すぐに辞めてしまったりと、私の周りを見ていてもうまく行っていない人が
最近特に多いように感じます。(私も転職経験があり、うまく行かなかった
うちの一人でした。)

ただ、あなたの希望する会社の内定を獲得している人は確実にいます。
しかも、ギリギリで獲得したのではなく、もらうべくしてもらっている人が
いるのです。
また、一発で天職と思えるような仕事に就ける人も確実にいます。

その違いは何でしょうか?
大学のランクの違いでしょうか?あるいは、タイミングでしょうか?
私は上記のいずれも否定しません。

ただそれ以外にも、
「就職観」に対する認識が他の人より甘く、周りの人や
トレンドに流され、自分を見失ってしまったり、
「業界研究」や「企業研究」等の勉強不足、
あるいは
「面接・グループディスカッション」等、時間の限られた場における
自分の良さが十分発揮できない経験不足、
資格の未取得でボーダーに引っかかる「準備不足」、
はたまた、自分は何なのか、何に属するものなのか、どのような人間なのか
といった「アイデンティティー」すら強く意識したとこがないまま就職活動に
望んだり・・・


むしろこれらのほうが結果に大きく影響しているのでは
ないでしょうか?

私は社会人生や、転職を経験してこれらの重要性をおぼろげながら
認識するようになり、また初めの就職活動の時に気づいていれば
どんなに変わっていただろう!
と思うようになりました。

このブログを通して、皆さんに様々なアドバイスを行い、
あるいはエンジニアの仕事を一部紹介することによって
理系学生の皆さんが迷うことのない、より具体像の見える就職活動を
できるよう情報を発信していきます。

就職活動は大変ですが、頑張った皆さんにはきっと明るい将来が待っていまよ!
荘一は皆さんを応援しています!